日進社の目指すもの

弊社は会社設立から65年が過ぎ、祖父の代からは70数年の時を刻みます。

現会長の後を受け5年前に社長に就きました。

しかし、この間はサブプライムローン、リーマンショックや原油価格の高騰から一転しての急落、世界同時不況、デフレ経済などを背景に景気が低迷。経済環境は逆風そのものの状況にありました。”人こそ財産“との信念に立ち、この4年間は新たな人事評価制度の導入を準備し、「見える化」を意識した経営に取り組み、社員が胸を張って仕事ができる職場環境作りに努めてきました。

合わせてグループ拠点の拡充に力を注ぎ、2008年からタイの「JTグラビア」に出資、参画し、インフレーションフィルム、グラビア印刷、ラミネート、スリッター、製袋加工を行う一貫コンバーターとして稼働させており、さらに製袋設備の拡充を検討しています。

営業品目もフィルムパッケージ、ファンシーグッズ、ノベルティグッズなどを取り扱っており、極めるところパッケージの“総合コンサルタント”として顧客満足を追求しています。

その一環として得意先様の物流コスト削減に貢献するためにはとの発想から3年前に移転設置した大阪物流センター内に「食品セットアップセンター」を稼働させ、新たな事業育成に取り組んでおり、作業に従事する人材に恵まれ順調な立ち上がりを見せています。

現在は産業界全体に変革が求められる様相にあり、デフレ時代と呼ばれ、しかもモノの動きそのものが鈍い状況にあります。この中で当社は100年存続企業を目指すための礎を全社員と共に歩むため

1    経営理念にこだわる

2    日々業務改善を行い変革を仕込む

3    仕入れ業者様とよく学びあう

4    得意先様と共に成長する

5    「人」を育てる

を念頭に置き国内、海外問わず邁進してまいります。

どうかこれからの「株式会社 日進社」にご期待頂くと共に、皆様の一層のご愛顧とご支援を賜りますようお願い申し上げます。